<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

フローズンライフ ついにクランクアップ!

雲間に青空が覗く茨城県石岡市の一本道のロケ現場。
とうとう、撮影最後の日になってしまいました。
約3週間の熱い熱い私たちの夏も終わろうとしています。



a0043053_20502144.jpg
お日さまが出るのを気にしながらの昼ごはんタイムは、
ロケ現場で皆で食事をとる最後の機会となりました。


a0043053_2051253.jpg
駐在さん役の北島さん、郵便局員役のかいちさん、役場職員役の多田くんが、
一本道を自転車で疾走するシーンのOKが出ると、
かいちさんは一足先にクランクアップです。

a0043053_20453272.jpg
監督から花束をもらったかいちさんの笑顔がとても印象的でした。
そして監督とかいちさんの2ショット。
「やりきった!」という気持ちが伝わってきます。



a0043053_2113262.jpg
そして現場はラストカットへ。
お日さま待ちをしている間、なぜかゆるやかな時間が流れていました。

須永さんのゴジラのTシャツ。
古民家ロケからずっと気になってました。

飴田さんの麦藁帽子と手拭い。
いつもほのぼのとした空気を感じます。

根岸さんの穏やかな笑顔。
「撮影が終わって欲しくないからお日さまが出ないんだよ。」
そういえば、お日さまも雲もみんなと一緒に映画を創ってきたんですよね。



a0043053_213116.jpg
2006年8月14日16:30。
多田くんの運転する軽トラックは、
渉役の沢村くんを荷台に載せ、一本道を駆け抜けていきました。



a0043053_21111439.jpg
北島さん、沢村くん、多田くん、クランクアップです。
沢村くんは、5月にこの一本道でクランクインでした。
クランクアップを同じ一本道で迎えることに感慨深げでした。

そして・・・フローズンライフの撮影が幕を閉じました。



a0043053_217316.jpg
この日、クランクアップを見届けるために現場に来ていたりり役の主演、邑羽莉さんから、
花束を受け取った監督は、笑顔で皆に挨拶をしようとしました。
でも、どうしても、涙をこらえきれませんでした。

本当にお疲れ様でした。
みんな、監督の世界観と人柄に共鳴して、ここまで一緒にやってきたんです。
素敵な夏を私たちにプレゼントしてくれた監督です。



a0043053_21194610.jpg
助監督のオリちゃんから花束をもらったプロデューサーの清水さんも、
涙が止まらなくなってしまいました。
監督と抱き合って、いろんなことを思い出したのでしょうね。
こんな素敵な仲間たちと映画創りができたのも、
清水さんの熱心な働きかけがあったからこそなんです。

撮影の準備やロケが始まってから、
苦しいこと、悔しいこと、眠れないこと、たくさんありました。
でもやり遂げたんです。



a0043053_20333694.jpg
撮影の根岸さんも感極まっていました。
撮影助手の三浦くんとえりりんが一輪の花を渡すと、もう涙でくしゃくしゃになってしまいました。
古民家ロケでは、食事係の制作スタッフ、由紀子ちゃんと私に、
食後にいつも、「本当に美味しかったぁ!」と言って下さいました。
次は、もっと美味しいのを作るよ!って心の中で叫んでました。



a0043053_2131432.jpg
照明の須永さんは、
えりりんから花をもらうと、とてもキュートな笑顔を見せてくれました。
苦手な鶏肉を食事に出してしまって、ゴメンナサイ。
カレーは甘口にしておきましたよ。



a0043053_21362076.jpg
録音の飴田さんは、なんだかこの風景にぴったりのいでたちですね。
夜遅くまでの撮影で、気が立っていても、
ヘッドフォンをした飴田さんの後ろ姿を見ていたら、
なぜだか苛立っている自分が馬鹿馬鹿しく思えてきました。



a0043053_2142535.jpg
最後にみんなで記念撮影。
いい色に焼けてますね。
達成感と満足感と・・・そしてちょっぴり寂しさも見え隠れするshin組です。


「フローズンライフ」は、クランクアップでちょっと一休み。
でも、これから編集作業が待っています。
世界に羽ばたく作品に仕上がっていく過程を
私は最後まで見届けます。

制作プロデューサー 福田 伸子
[PR]
by shin05_jamming | 2006-08-14 20:40

大子町ロケ 5日目

今日は、前冥賀地区の集会所を駐在所に見立てて、
撮影が行われました。

a0043053_22314166.jpg右は、高校生役のエキストラで常陸大宮市から参加してくれた石井君、
左は、後藤君を紹介して下さったいばらきフィルムコミッションの鈴木さん、
中央は、主演のりり役、邑羽莉さんです。

そして、昨日、雨天ではなかったら参加してくれる予定だった後藤君、
うまく調整ができなくてすみませんでした。
石井君の力演をぜひ見てくださいね。

前冥賀地区の集会所は、
美術スタッフの田中さん、制作スタッフの吉川さんらの手で、
茨城県警からご提供頂いた防犯ポスター、制作物の赤色灯を取り付けていくうちに
本物の駐在所のようになっていきました。


a0043053_22321253.jpg撮影は、石井君と急遽高校生役に抜擢された制作スタッフの健ちゃんが、
自転車で駐在所の前を通り過ぎていくシーンでした。
2人とも撮影前の長い待ち時間、ずっと会話をしていたので、
撮影時は息もぴったり。

石井君、遠いところ本当にありがとう。
とても爽やかな高校生でした。

制作P 福田
[PR]
by shin05_jamming | 2006-08-10 22:33

大子町ロケ 4日目


a0043053_228398.jpg今日は台風の接近の影響で、
朝から雨が降ってしまいました。
やむなく一旦雨宿りです。

外でのシーンの撮影を断念し、
古民家内での撮影に切り替えました。
清水P、香盤表の差し替え、遅くまでご苦労様です。



夜には、りりが食事をするシーンがありました。
下はそのシーンで使われた料理です。

a0043053_229882.jpg
白身魚のムニエル・トマトソース添えがとても美味しそうですね。
これは、制作スタッフの由紀子ちゃんが作ってくれました。
彼女は、なんと調理師免許を持っているのです。
食事担当の私には、大変心強いコック長です。

制作P 福田
[PR]
by shin05_jamming | 2006-08-09 21:58

大子町ロケ 3日目

今日は村人3人組に登場してもらいました。

a0043053_21541178.jpg
左から、郵便局員の五十嵐役、山口かいちさん、
駐在さんの藤井役、北島善紀さん、
役場職員の石川役、多田広輝さんです。

それぞれの職業の衣装を着ると、
本物に見えてしまうのがさすが俳優さんですね。
3人組のコミカルな演技をスクリーンで見るのが楽しみです。

下は、住民台帳を持って歩く駐在さんです。
ご近所の方から「なんで警察来てるの?」と本当に尋ねられました。
制作P 福田


a0043053_21544475.jpg
[PR]
by shin05_jamming | 2006-08-08 21:39

大子町ロケ 2日目


a0043053_21355512.jpg2日目はとてもよい天気になりました。
外は炎天下だったので待ち時間のキャストさんは、
涼しい古民家の縁側でお昼寝です。

そして今日は、恭彰役の片山君がクランクアップとなりました。
片山君はこの後もメイキング撮影をしてくれています。


a0043053_2136126.jpg
写真は、りり役の邑羽莉さんとの「夫婦」ショットです。
片山君、お疲れさま!!
[PR]
by shin05_jamming | 2006-08-07 21:22

茨城県大子町 冥賀の里ロケ ついにスタート!


a0043053_2191975.jpg
夏撮影はついに、7泊8日の茨城県大子町でのロケに突入しました。
前冥賀地区の「木の文化塾」さんが管理をされている萱葺き屋根の古民家が、
撮影クルーのベースとなります。午前中、この古民家へ様々な家具を運び入れ、部屋はすっかりエキゾチックな雰囲気に。
a0043053_212047100.jpg
また、この映画には重要な役割をする大型冷凍庫を男手6人がかりで運び入れました。
そのほか、秋田県の小林大蔵さんから送って頂いたお米などの食料も受け取り、
撮影に向けた準備も整いました。

今回のロケでは、
制作スタッフが協力して撮影クルーの食事を全食作ることになっています。
ロケ初日、夜ご飯のメインディッシュは、チキンのネギソースがけでした。
お腹いっぱいになったところで、夜の撮影開始です。

a0043053_2112639.jpg
炎天下での撮影が続きますが、
私たち制作スタッフにとっては、
町の皆さんから提供して頂いた野菜や肉、卵をしっかり食べて、
元気に撮影に臨んでもらえることが一番の喜びです。

制作P 福田 
<「木の文化塾」 菊池さん宅にてPCをお借りしました。ありがとうございます。>
[PR]
by shin05_jamming | 2006-08-06 20:40

新鮮な野菜を提供してくださいます!!

緑豊かな奥久慈の大子町に、
またまた素敵な協力者の方々がいらっしゃいました。
農業を営んでいる岡野さんご夫妻。
朗らかで楽しいご夫婦です。
a0043053_23591260.jpg


形が悪くて売り物にならない野菜たちを
無料で提供して下さることに!
また、近隣で安く野菜を売っている店の情報も
詳細にわたって教えて下さいました。
a0043053_00472.jpg


さらに、最近取れたカボチャの煮付けをご馳走に!!
a0043053_0314.jpg


ほっくりと甘くて美味しいカボチャだったので、
2切れも頂いてしまいました。
岡野さんのところで栽培している奥久慈名産のお茶もすすり、
よいおやつとなりました。(もう夕方になってたかな???)

この一週間、素晴らしい映像が出来上がるよう、
ロケ隊には新鮮な野菜でパワーアップしてもらいましょう!

制作P 福田
[PR]
by shin05_jamming | 2006-08-05 00:07

リサイクルマートドットコム株式会社さんにご協力頂いています!

a0043053_2344018.jpg
a0043053_2348192.jpg
a0043053_23443824.jpg
「フローズンライフ」のある意味、キモでもある業務用冷凍庫をロケ日の都合上、
本日中に搬入しなければならなくなったため、
急いで捜索していたところ、
リサイクルマートドットコム株式会社さんのHP上に、
所望のドロワタイプの業務用冷凍庫を発見。
すぐさま電話で連絡したところ、
副社長の佐々木様より「協力しましょう!」とのお言葉!
売り物ですが、レンタルをして頂けることになり、
電話だけでは失礼と、すぐに車に飛び乗って、
会社のある沼津まで向かいました。
もちろん、映画における冷凍庫の役割をお話するために。

営業時間が終わっているにもかかわらす、
佐々木様をはじめ、社員の皆様も残ってくださり、
レンタル契約を交わしましたが、
「お金は要りません」と。
a0043053_23484376.jpg
私にとっては神の声でした。本当に本当にありがとうございました。
急なお話だったのに無料で貸して頂けるとは・・・。
この御恩は、決して忘れません。
そしてこの映画を絶対に世の中に出さねば!!
ますます、勇気が沸いてきました。

社員の皆様は、
渋滞で遅れたピックアップ用トラック到着後も、
積み込み作業を手伝って下さいました。
重ねて御礼申し上げます。


リサイクルマートドットコム株式会社(http://www.recyclemart.com
)は、
東名沼津ICを降りて、国道1号方面へ南下していくと左側にあります。
黄色い「厨房機器」と書かれた大きな看板が目印です。a0043053_2351028.jpg
新品、中古の業務用厨房機器を原則全国送料無料で配送してくれます。
店内には、業務用冷凍庫や各種ストッカーなどたくさんの機器を見ることができますし、
HPも分かりやすく、インターネット注文も可能です。

また、レマコム株式会社さんも同じ店舗内にあり、
こちらは製菓用機器や真空包装機などの製造・販売をされています。
こちらもリサイクルマートドットコムさんのHPから買い物ができますし、
店舗にて機器を見ることもできます。

これから、飲食業を始める方、ご参考にしてはいかがでしょうか。
社員の皆様もきっと丁寧に説明してくださいますよ。

制作P 福田
[PR]
by shin05_jamming | 2006-08-02 23:59

一本道ロケ~茨城県石岡市~

青空が欲しかった今日の一本道ロケ。
お日さまが出るのを祈りつつ、クルーは一本道に到着しました。
早速、役者さんたちの衣装が配られ、順にメイクが施されていたのですが・・・。
控え室では、村人3人衆のコミカルな会話が聞こえてきます。
a0043053_033141.jpg

台本通り、多田君は、北島さんやかいちさんにいじられる役目のようですね。
「もうひげ剃っちゃったのかよ。お前ねえ、ひげは今剃るんだよ。」と説教されている多田君です。
それを笑いつつ茶々を入れる沢村君。いやいや、なんとも楽しい雰囲気でした。
a0043053_037771.jpg


そして、方言を確認する北島さん。
制服を来てしゃべる姿はまさに田舎の駐在さんです。
a0043053_0392222.jpg


次に、一本道の現場へ。
撮影前のセッティング作業中ですが・・・。
ちょっとそこの撮影助手の星野さん!
ポーズをとってる場合じゃあありませんよ。a0043053_105955.jpg


フローズンライフのロケは、これからが正念場です。
制作P 福田
[PR]
by shin05_jamming | 2006-08-02 01:07