「フローズンライフ」DVDレンタル開始!

映画「フローズンライフ」DVDレンタル開始!
(発売元 インターフィルム)

2010年 4月2日(金)よりDVDレンタルが開始されます。
本編と予告編に加え、撮影風景の未発表メイキング映像や未公開シーンの特典映像付きです。
是非お近くのレンタル店へどうぞ


a0043053_21425380.jpg

[PR]
# by shin05_jamming | 2010-03-11 21:41

フローズンライフサントラ着うた配信開始!

フローズンライフサウンドトラックが全曲、携帯着うたで配信開始しました!

サイトはこちら「こころを癒す音楽 GLOBAL+EXOTICA」
上質で心地よい音楽を、あなたのケータイにダウンロード
ドコモ・au・ソフトバンクモバイル公式着うた・着うたフルサイト
a0043053_938256.jpg

バーコードリーダーかケータイ検索「こころを癒す」でログインしてください。
現在トップページのリコメンドで紹介されています。

フローズンライフ公式HPで流れる小野雄紀さんによる「Ou」をはじめ、テルミンの音色が心を揺らす「Frozen life〜Theremin」、劇中でも印象的に流れるPranelさんによるラップ「Der erlkong」、eyllieさんの伸びやかなボーカルがこだまする「Inori」、そしてライブシーンで使われたテルミンをフューチャーした'ARDの「I see」など、フローズンライフサントラの全曲が配信されてています!是非一度アクセスしてみてください!

PCからはコチラ → http://www.globalexotica.net/pc/
「こころを癒す音楽 GLOBAL+EXOTICA」《参加アーティスト》
 喜多郎、宗次郎、城之内ミサ、宮下富実夫、葉加瀬太郎
 ウォン・ウィンツァン、ジャー・パンファン、神山純一、久石譲
CHARA、TINGARA、Rio、MAYA、GODIEGO、 クリヤ・マコト
a0043053_1010482.jpg

[PR]
# by shin05_jamming | 2008-04-01 09:59

フローズンライフ追加上映終了!

a0043053_22113530.jpg本日、おかげさまでフローズンライフ追加上映最終日を迎えました。
お忙しい中、お越しいただきまして、本当にありがとうございました!
追加上映でも、多くの方々にフローズンライフを見ていただき嬉しく思います。

今後、フローズンライフは海外映画祭、また、DVD化に向け進めていく予定です。

情報が更新され次第、BLOGにてご報告させていただきます。
お楽しみに!!


◆フローズンライフオリジナルサウンドトラックはWEBにて発売しております!

HPに流れる小野雄紀作曲による美しい曲「Ou」をはじめ、eyllie、'ARD、paranelによるフローズンライフの美しい青の世界を奏でる全10曲。(1,800円)a0043053_22115733.jpg

1. Frozen Life / Yuuki Ono
2. i_see / ’ARD
3. Kooru / Yuuki Ono
4. Ou / Yuuki Ono
5. Frozen life〜Kodoku / Yuuki Ono
6. Tiptoe / Yuuki Ono
7. der erlkonig / Paranel
8. Hikari no sen / Yuuki Ono
9. Frozen life〜Theremin / Yuuki Ono × eyllie
10. Inori / eyllie

WEB購入
E-mail shop@frozen-life.com
まで、お名前、ご住所、メールアドレス、希望枚数をお送りください。
[PR]
# by shin05_jamming | 2007-11-02 22:20

フローズンライフ追加上映 初日!!

本日より「フローズンライフ」追加上映が開始されました。

a0043053_22595221.jpg本日はshin監督による舞台挨拶を行ないました。
撮影秘話、先日のミルバレー映画祭の報告、海外での反応などを含めてshin監督から挨拶がありました。

一人でも多くの方に「フローズンライフ」をご覧になっていただき、皆様の中で何かを感じていただければ嬉しいです。


◆追加上映は11月2日(金)迄です。お見逃しのないように!

a0043053_22591763.jpg
時間:15:00より (1回のみの上映)
場所:渋谷 UPLINK X
渋谷 UPLINK X
  住所:東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2階
会場地図
特別鑑賞券 1,300円(当日一般1,500円/学生1,300円/シニア1,000円)

フローズンライフ予告編

[お問い合わせ]
E-mail frozenlife@shin05.com 
フローズンライフ製作実行委員会 清水
[PR]
# by shin05_jamming | 2007-10-20 22:23

舞台挨拶のお知らせ

a0043053_23305124.jpg追加上映初日(10月20日)shin監督による舞台挨拶を行います!
ミルバレー映画祭についての話など盛りだくさんです!
是非、皆様お越しください!

■追加上映詳細■
期間:10月20日(土)~11月2日(金)
時間:15:00より (1回のみの上映)
場所:渋谷 UPLINK X
渋谷 UPLINK X
  住所:東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2階・会場地図

特別鑑賞券 1,300円(当日一般1,500円/学生1,300円/シニア1,000円)

■注意■
前回はUP LINK FACTORYで上映を行いましたが、
今回はUP LINK X (UP LINK FACTORY 2F)で行います。
ご注意下さい。

※前回のチケットをご利用いただくことが可能です。
お時間のご都合が合わず見逃した方は、是非前回のチケットをご利用いただきお越しください。

フローズンライフ予告編

[お問い合わせ]
E-mail frozenlife@shin05.com 
フローズンライフ製作実行委員会 清水
[PR]
# by shin05_jamming | 2007-10-17 22:57

ミルバレー映画祭より帰国

昨日、ミルバレー映画祭より帰国しました。

「フローズンライフ」がとても高い評価をいただいて、本当に充実した1週間でした。

a0043053_1841733.jpga0043053_18411786.jpg






お洒落なブティックや雑貨、花屋などのお店に、落ち着いた街並みのミルバレーはビバリーヒルズよりも更に高級住宅地だそうで”ショーンペン”や ” ロビン・ウイリアムス””ジョージ・ルーカス”など、映画界でも有名な方達も住んでいるそうです。
また、文化レベルも高く、独立系のアート作品等はサンフランシスコよりも早く公開されるそうです。

そして、海外の映画にもすごく関心が高く、そういう方達に「フローズンライフ」が認められたことが非常に嬉しく、誇りに思いました。

ミルバレー映画祭HP
ミルバレー映画祭HP


追加上映が10月20日(土)より開始されます!皆様よろしくお願いいたします。

清水P
[PR]
# by shin05_jamming | 2007-10-17 18:47

ミルバレー映画祭滞在日記6日目

a0043053_12332154.jpg今日はミルバレーのCineArts@Sequoiaの上映前に最終テクニカルチェックを行いました。11時30分からの上映でしたが、11時前から映画館前から長蛇の列が!!開場と同時にお客様が続々と映画館へ。





a0043053_12342687.jpg映画館に入ってみると300人ほどのお客様でほぼ満席になっていました。
上映前にshin監督からお客様へ流暢な英語で挨拶があり、お客様から驚きの声が上がりました。

今回も上映中のお客様のリアクションは嬉しいものがありました。
エンドロールが流れ始めると、大きな拍手がなかなか鳴りやみませんでした。

a0043053_12375772.jpg上映後、shin監督とInternationalPRの井村さんが壇上へ上がり質疑応答を行いました。多くのお客様から次々と手が上がり、「映画の構成が賢く、とても洗練されていて良かった。まるでヒッチコックを思わせる素晴らしい構成だったが、アイデアはどこからわき出てくるのか?」等の賞賛の声と同時に様々な質問を受けました。

そして質疑応答後に多くの方々がshin監督の下へ来て握手を求めてきました。
a0043053_1242494.jpgカリフォルニアの他の映画祭のディレクターの方から、「是非、うちの映画祭で上映したい。素晴らしい映画だった!」と映画祭への招待のオファーを頂きました。

またカリフォルニアの映画学校の先生からは「映画の構成が素晴らしく、賢く美しいファンタスティックな映画だった!カリフォルニアの多くの学校でフィルム(映画)について教えているが、大スクリーンでフローズンライフを上映しながら生徒に見せて授業をしたい。是非、ゲストスピーカーとしてお招きしたい」とのこの事でした。a0043053_12431730.jpg

その後、ミルバレーコミュニティーセンターで行われた、クロージングナイトパーティーに参加しました。そこでもshin監督は多くの方に囲まれ、握手や賞賛の声をかけられ、サインを求められたりしていました。
今後の作品の衣装を是非提供したいという方もいらっしゃいました。


a0043053_1246294.jpga0043053_12435671.jpga0043053_12441113.jpg










今回、ミルバレー映画祭に来てみて思ったことは、映画は世界共通だと言うこと、映画で世界の方々と交流が持てたことを嬉しく思います。
「フローズンライフ」をご覧になられた方々、本当にありがとうございました!     清水P






shin監督の今日の1枚とちょっと

a0043053_12584354.jpg未来のアーティストa0043053_12591635.jpg
[PR]
# by shin05_jamming | 2007-10-16 01:46

ミルバレー滞在日記5日目

(時間がとれず、ブログアップが1日遅れてすいません!)
a0043053_16443068.jpg今日は午後3時頃まで唯一時間を作る事が出来たので、先日ASIAN ART MUSEUMにてお世話になったYUKINO KOBAYASHIさんのご厚意で友人のERIKA AZUMAさんと一緒にSANFRANCISCO MUSEUM OF MODERN ART(SFMOMA)を案内していただきました。写真撮影が出来なかったので、ご紹介する事が出来ないのが残念なのですが、ライトによって来場者が白黒に見える部屋からはじまり、足下の床を揺すると水面の模様がスクリーンに映し出されたり、美術館でありながら霧が降り注ぎ虹が見える部屋(美術館で水を降らす作品はかなりめずらしいそうです)、そして車をオブジェで覆った作品が氷っていて、氷の部屋に来場者が毛布をかぶって入るもの等々、とてもアイデアにとんだ作品ばかりで大変楽しむ事が出来ました!
a0043053_16451964.jpg
その後、YUKINO さんのご主人のBOON HENG PANGさんも一緒にサンフランシスコの飲茶のお店でランチを頂きました。すごく美味しく、楽しいランチタイムを過ごす事が出来ました。

ランチ後にサンフランシスコのロンバートストリートの丘からすばらしい景色を一望できるところに連れて行っていただき、パレスオブファイアートと言う100年前位に建てられた建造物も案内してもらいました。a0043053_164616.jpg

その後、ミルバレーのチケットセンターを訪れると「昨日のフローズンライフの上映でとてもよい評判を聞きましたが、仕事で明日も観ることが出来ません。発売はしないの?」と言う声や「明日の上映を楽しみにしてます!」との声を頂きました。(正式出品された人達は映画名や名前が明記されたパスを首からさげているので、よくお祝いの言葉をいただきます)
そして事務局へ行き、明日の上映の打ち合わせを行い、ホテルへ戻りミーティング、明日の準備を行いました。

明日は11時30分からミルバレーのCineArts@Sequoiaにて上映があります。楽しみです!

では明日へ続きます。  清水P

shin監督の今日の1枚

a0043053_17251439.jpg泡立つ白い穂
[PR]
# by shin05_jamming | 2007-10-15 16:36

ミルバレー映画祭滞在日記4日目

ミルバレー映画祭滞在日記4日目

a0043053_13192484.jpg今日はミルバレーのCineArts@Sequoiaにてテクニカルチェックを行いました。「フローズンライフ」は色、明るさにこだわっている為、念入りにチェックを行い、14日の上映に備えました。

その後、ホテルへ戻り、今日サンラファエルのChristopher B.Smiith Rafael Filmにて21時45分より「フローズンライフ」が上映される為、宣伝等の準備を行いました。


21時にChristopher B.Smiith Rafael Filmへ会場入りしテクニカルチェックを行いました。
a0043053_13231133.jpg劇場前のインフォメーションにはフローズンライフの英語版ポスターが貼られています。
そして続々とお客様が行列を作り始めました。鳥肌が立ちました!地元の方々に「フローズンライフのチケットは無いのか?SOLDOUTなんだけど、どうにかならないか?」と言われるほどでした。a0043053_13244666.jpg

映画館の席は一杯になり、shin監督が紹介され、英語で挨拶を行い「フローズンライフ」の上映が開始されました。

日本の上映中の反応と大きく違う部分は笑いです。コミカルなパートで会場が笑いに包まれル反応はとても嬉しいものでした。

上映後、shin監督とInternationalPRの井村さんが壇上に上がり、お客様との質疑応答が始まりました。客席から次々と手が上がり、映画の細部に渡る質問がいくつも出されました。shin監督による答えに声を揃えて客席からうなずくシーンも。

a0043053_13263625.jpgそして質疑応答終了後に多くのお客様がshin監督の下に来て握手を求めます。
「アメリカの映画は想像力をかきたてるストーリーが少ない。フローズンライフを観て感銘を受けた。これからも人々の想像力をかきたてる作品を作り続けて欲しい」
「ファンタスティック!まるでシェークスピアのようだ!編集がすばらしい!音楽もすばらしかった!」
「映像が美しい!いくつもの要素が絡み合って集結していく。パーフェクト!」
等々多数の賞賛の声をいただきました。

ミルバレー映画祭のケリー・クレメントさんによる紹介文は「shin監督による美しく描写されたこの映画は予想できない愛と悲しみと葛藤を見事に描いている(中略) 感動的なヒューマンドラマであり、劇場を去った後もあなたの心に響き続けるでしょう」とされています。

14日11時30分からCineArts@Sequoiaにて上映も楽しみです。

では明日に続きます。      清水P

shin監督の今日の1枚

a0043053_17132948.jpg風に波打つ輪
[PR]
# by shin05_jamming | 2007-10-13 18:24

ミルバレー映画祭滞在日記3日目

今日は午前中ホテルでミーティングを行い、宣伝資料等の作成を行いました。

午後からはコメディーの短編集をミルバレーのCineArts@Sequoiaで観ました。世界中の短編映画を観ることができ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。その短編集の中に昨日お会いした日本人監督の緒方篤監督の短編があり、緒方監督の映画はユーモアがあり楽しく拝見させて頂きました。劇場に見に来ていた方々からも笑いが起こり会場が暖かいムードに包まれました。映画上映後、緒方監督がスクリーン前に現れ、お客様との質疑応答が始まりました。緒方監督はそこでもお客様のハートを掴んでいました。

CineArts@Sequoiaの近くにある映画祭の事務局にてミルバレー映画祭に来ている監督の写真が貼られていました。我々の写真も貼られていました。
a0043053_9314683.jpga0043053_9325115.jpg










その後、映画祭主催のパーティーに行く途中に、夜景が綺麗な丘があったので車を止め、しばし観ていました。ゴールデンゲートブリッジとサンフランシスコの街が一望できる丘でした。

a0043053_9334219.jpg
パーティーはインド料理のお店で行われ、地元に住んでいる女性や映画祭のファンの方々、映画関係の方も数多くお越しになられていて多くの方々と交流をもたせて頂きました。

明日は、「フローズンライフ」がChristopher B.Smiith Rafael Filmにて21時45分より上映されます。

お客様に何か心に感じて頂けると嬉しいです。
では、明日へと続きます。           清水P


shin監督の今日の1枚

a0043053_1137138.jpg飛光
[PR]
# by shin05_jamming | 2007-10-12 17:40